17年前

 阪神淡路大震災が起こってから、

本日で17年となります。


 本日も神戸を中心に鎮魂の祈りに

包まれました。

 当時は、中学校3年生で、テレビに映る

高速道路が斜めに崩壊している様子や火災が

あちこちで発生している神戸の状況を見てましたが

昨年の東日本大震災を経験して初めて、当事者

の気持ちが分かりました。

 天災を目にしたり、経験するたびに、

人間の自然に対する無力さを実感します。


 ただ、建築業界に携わる人間としては、

現在の考えられる限りの災害に強い家、

そして人間にも優しい家を提案する事を

義務として実践していく事だと思います!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント