夫婦名義での住宅購入

 新聞記事を読んでいましたら、

4月4日付の日本経済新聞に気になる

記事が掲載されてました。


 「夫婦名義で家を買うメリットは・・・

-30代共働き夫婦のサバイバル家計術-」

と題しましての記事ですが、

最近は、共働き夫婦が増加しており、

住宅購入の際にも、お互いの資金を出し合い、

その割合に応じた所有権を持分登記する

「共有名義」を活用する方法で購入するケースが

増えているとの事でした。


 その際のメリットとしては、夫婦で住宅ローンを

借りるとそれぞれが住宅ローン控除を受けられます。

控除枠が通常の2倍になるという事です。

また、契約ごとに異なる金利タイプも選べますので、

リスクを分散できるというメリットもあります。

 逆にデメリットとしては、登記などの手続きに

2人分の費用がかかる事や、売却時には双方の

同意が必要となる点があります。


 ちょっとした豆知識と最近のトレンド情報でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント